生きるパワーは食事から

病院や主治医に不信感、合わない…病院で病気は治らないって本当!?

たかふみ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは

たかふみです!

 

病院に行ったのになかなか治らないと思ったことってありませんか?

 

病院に行ってクスリをもらっているのになかなかよくならない…

クスリをやめたいのにやめられない…

 

一所懸命に治療をしたのに家族が死んでしまった…

 

病院に行けば病気は治ると思っていたのに

全然治らないと病院に不信感を抱いたり、

主治医が合わないのではないか…って思ってしまいますよね。

 

 

風邪、インフルエンザ、花粉症や喘息などのアレルギーとか

腰痛、肩こり、下痢、便秘、陰部のかゆみ、痔、吐き気、めまい、水虫、耳鳴り、ニキビ

ガンや糖尿病、発達障害、うつ病、

などなど…

 

 

 

それ、実は当たり前なんです。

 

 

病院は病気を治すところではなかったんです。

 

 

「え?治ったよ?」

という人もいると思いますが、

それは大体が自然治癒力で治っているんです。

 

 

基本的に病院は病気を治してくれません。

 

 

病気というのは怪我は含まないって前提で話をしていきます。

交通事故とかで大怪我をしたときに

懸命な治療で治ることは沢山あります。

 

 

でもそれは「病気」ではないので含みません。

 

 

 

と言うことで、

今回は死にかけた時以外は病院は行っても意味がないし、

病院に行けば行くほど体に悪いよ

ということを話していこうと思います。

病院は人を殺す。医原病によって数十万人が死んでいる

2004年の論文でアメリカで最も多い病気が発表されました。

 

そこに書かれているのはガンや心疾患ではなく医療だったんです。

医療が原因で死亡したアメリカ人→78万人

心疾患で死亡したアメリカ人  →70万人

ガンで死亡したアメリカ人   →55万人

 

 

日本よりも西洋医学が進んでいるアメリカでこの結果です。

日本ではこのようなデータはありませんが、調査がされていないだけです。

 

 

実態は全く同じか、それ以上にひどいです。

医療が原因で人が死んだり、病気になったりします。

 

 

 

このように

医療が病気のもとになることを

医原病

と言います。

 

 

信じられないですよね。

ぼくも信じられませんでした。

 

 

でも実際に病院が病気を作り出していることがよく分かる話があるんです。

 

 

夕張で財政破綻したときに病院がなくなりました。

 

そしたら

死亡率

医療費

救急車の搬送回数

が全部下がったんです。

 

 

 

他にも

イスライルで病院ストライキが起きたときも同じでした。

診察される患者数が一日65000人から7000人に減らされた結果、

国内での死亡率が半減したんです。

 

そしてストライキが終わると死亡率はもとに戻りました。

 

 

 

夕張でもイスライルでも病院が機能しなくなったら健康な人が増えたんです。

つまり、病院が病気を作っていたんです。

病院が人を殺していたんです。

薬はたんなるその場しのぎ。病気を治せない

診察や入院したときに病院では基本的に薬が出されます。

いろいろな症状に対して薬が処方されるんですね。

 

 

症状に対して薬が処方されるんです。

原因に対して薬は処方されません。

 

 

 

例えば風邪ならば

つらい咳を抑える

つらい痰を抑える

つらい熱を抑える

そういう薬を処方されます。

 

 

アレルギーでも同じで症状に対して薬が処方されます。

つらい鼻水を抑える

つらい目のかゆみを抑える

 

で、薬を飲んで症状が改善されたとしても

アレルギーは治っていないから

ずっと薬を飲み続けないといけないんです。

 

 

 

症状に対して薬を出すことは対症療法なんです。

もっていうと、その場しのぎの対策なんです。

 

 

とりあえず、つらくなければいいよね

っていう。

 

 

目先の苦しみを薬で抑え込むだけだったんです。

病気には必ず原因があります。

そこに踏み込んで治療をしてくれないんです。

医者は病気の根本原因がわからない

どうして医者は根本から治せないのか?

その理由は2つあります。

  1. 因果関係ががわからないから
  2. 稼ぎたいから

 

 

因果関係がはっきりしていない病気は沢山あります。

というか、そういう病気がほとんどなんです。

 

 

 

逆に現代医学でしっかりと分かっている病気の例は心筋梗塞です。

心筋梗塞は心臓の血管が詰まるこちによって起こります。

 

心筋梗塞であれば100%心臓の血管が詰まっているんです。

それが普通の状態とは違うこともわかる。

原因が分かっているから

詰まった血管をなんとかすれば良いことが分かり、

初めて治癒することができるんです。

 

 

でも「体の○○が痛い」と言っても

どういうことが原因で痛いのか、わからないじゃないですか。

例えば食べ過ぎるといろいろな害があるんですよね。

  • 糖尿病
  • 脳卒中
  • 心臓病
  • 脂質異常症
  • 高血圧
  • 肥満
  • アレルギー
  • 膠原病
  • ガン
  • 老化

などなど。

 

 

原因は同じかもしれないけど、いろいろなところに不調が出てくる。

その区別自体が出来ていないのが現代の医療なんです。

 

 

 

糖尿病は100%、○○が原因です!

とは言えないんです。

 

だから

とりあえず、血糖値を下げるためにインスリンを打っておきましょう

となってしまうんです。

医者や医療業界は稼ぎたいだけ

医者や製薬会社は稼ぐために病気を作り出しているんです。

 

病気を作るというのは2パターンあります。

  1. 基準によって病気をつくる
  2. 薬によって病気をつくる

厳しい基準を設定して病気を作る

基準によって病気を作るとは

定期検診やストレスチェックなどがそれにあたるんですね。

 

 

会社や学校で定期検診やストレスチェックが義務付けられていますよね。

そこで基準よりも悪い数値が出たら病院に行きましょうってなるんです。

 

血圧の場合

例えば血圧。

血圧の基準値だと

最高血圧が140以上

最低血圧が90以上

であれば高血圧と言われてしまいます。

 

 

でもこれって若い人の数字が基準になっています。

実際の健康的な血圧は大体

年齢+100

くらいなんですよね。

 

 

例えば60歳ならば160くらいあるはずなんです。

歳をとると血管は硬くなって行くので、

その分血圧を上げないと末端まで血が行き渡らなくなるんです。

 

 

だから体は自然に血圧を上げるんです。

これを20代とかの若い世代を基準にしてしまうから

高血圧の人が沢山生まれてしまうんです。

 

 

だから、中高年の方で健康的に生活できているのに

高血圧だから病気です。薬を飲みましょう

と言われてしまうんです。

 

 

 

薬が売れれば医者は儲かります。

製薬会社も儲かります。

 

 

 

つまり医者や製薬会社は薬を売って稼ぐために

基準値を若い20代くらいのものに設定して「病人」を作り出しているんです。

 

 

 

病院って病人がいないと稼げないビジネルモデルなんです。

だから医者や製薬会社は必死になって病人を作っているんです。

 

 

ストレスチェックの場合

他にもストレスチェックを使って精神患者を作り出しています。

ストレスチェックも沢山のアンケートに答えて、

その結果をもとに判定をくだされます。

 

 

アンケートはこういうものがあって

「はい」や「いいえ」、「ほとんどある」「あまりない」

などから選んでいきます。

  • 非常にたくさんの仕事をしなければならない
  • 時間内に仕事が処理しきれない
  • 一生懸命働かなければならない
  • 最近、怒りを感じる
  • 最近、ひどく疲れた
  • 最近、だるい
  • 最近、気が張り詰めている
  • 最近、目が疲れる
  • 最近、胃腸の具合が悪い
  • 上司と気軽に話が出来ますか?
  • 職場の同僚と気軽に話が出来ますか?
  • 仕事に満足だ

これでストレスがありそうな項目に多くチェックが付いたら

「高ストレス状態」と診断されて産業医面談に呼ばれます。

 

 

その結果、心療内科に行くことを勧められて

うつ病の薬をもらったりするんです。

うつ病の薬が売れれば医者は儲かるし、薬剤師や製薬会社も稼げます。

 

 

精神薬を売るために

「心のケアを」

などと言って病人を作り出しています。

まずはお客さん(患者)が来ないと病院は成り立ちません。

そこであの手この手を使って病院は集客しているんです。

薬は全部毒!薬を飲めば病気になる

基準値を厳しくして集客されたらさらに病気づくりに励むんです。

つまり、薬を与えます。

 

 

 

薬には副作用というものがあります。

この、副作用は

「自分でうまくコントロールするもの」とか

「沢山飲まなければ大丈夫」とか

思いがちですが、そういうものではないんです。

 

 

副作用はすべて「作用」なんです。

 

 

 

そもそも「副作用」なんてものは存在しません。

アレルギーの薬で眠くなるとしたら、

それが薬の「作用」であって、

薬の効果なんです。

 

 

人間が期待している方向に働く効果を作用と呼んで

期待していない方向に働く効果を副作用と呼んでいるだけです。

 

薬による結果はすべてが「作用」で副作用でもなんでもないんです。

その作用によって人間の体はおかしくなっていきます。

認知症薬はヤバい

例えば認知症薬。

アリセプトなどの認知症薬はアセチルコリンエステラー阻害作用を持っています。

実は地下鉄サリン事件で有名になったサリンにもこの作用はあるんです。

 

 

アリセプトとサリンにはもちろん小さな違いはあるんですが、

基本的な構造が同じです。

 

 

 

暴力的に言ってしまうと、認知症の人にはサリンを飲ませられているんです。

 

 

 

そして、実際にこの薬にはなんの効果も無いんです。

「アリセプト 添付文書」

 

で検索して一番最初に出てくるものを見てみると次のようにかかれているんです。

効能又は効果に関連する使用上の注意

アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制

(1)本剤は、アルツハイマー型認知症と診断された患者にのみ使用すること。

レビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制

(1)本剤は、レビー小体型認知症の臨床診断基準に基づき、適切な症状観察や検査等によりレビー小体型認知症と診断された患者にのみ使用すること。

(2)精神症状・行動障害に対する本剤の有効性は確認されていない。

両効能共通

(1)本剤がアルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症の病態そのものの進行を抑制するという成績は得られていない。

(2)アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症以外の認知症性疾患において本剤の有効性は確認されていない。

出展:アリセプトの添付文書

つまり、

この薬を飲んでも意味がないし、進行を抑制することもないです

ってことが書かれています。

 

 

 

そして「重大な副作用」の項にはこれらの病名が書かれているんです。

  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 消化性潰瘍
  • 十二指腸潰瘍穿孔
  • 消化管出血
  • 肝炎
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 脳性発作
  • 脳出血
  • 脳血管障害
  • 錐体外路障害
  • 悪性症候群
  • 横紋筋融解症
  • 呼吸困難
  • 急性膵炎
  • 急性腎障害
  • 原因不明の突然死
  • 血小板減少

 

 

心筋梗塞とか心不全とかやばくないですか?

脳出血とか呼吸困難とか誰が見ても嫌だなーとものばかりですよね。

 

 

 

こんなもの絶対飲みたくないわー

認知症薬って

効果がない薬を飲まされた上で重大な副作用が大量にあるんですよ。

 

 

ウルトラ最悪な薬なんです。

それでもよく調べることもなく医者から言われたとおりに飲んでしまっています。

で、効果がなくてもみんな薬にすがってしまうんですよね。

医療業界の洗脳

ぼくは父親とは別に住んでいるんですが、

このまえ、久しぶりに実家に帰りました。

 

 

おばあちゃんが認知症なんですよね。

それで認知症の薬を飲んでいました。

 

 

会ったときに父に

「認知症の薬はサリンとほぼ同じでヤバいからやめたほうがいいよ」

と伝えたんですが、聞いてくれなかったんです。

 

 

そして、父はおばあちゃんに

「ちゃんとお薬のもうね」

と行って認知症の薬を飲ませていたんですよね。

 

 

 

ヤバいからやめてほしいということを一生懸命に伝えました。

でも、分かってもらえませんでした。

 

 

本当につらかった…

悲しかった。

飲んでほしくないのに…

 

 

それだけ医療業界による洗脳ってすごいものなんだなって実感しました。

 

 

 

医療業界は効果のない薬でもしっかりの飲んでくれるように

上手に洗脳しているんです。

テレビや新聞、専門家の力を使って。

 

 

 

テレビは本当のことを言うわけがないんですよね。

スポンサーの都合の良いことを言うんです。

 

 

製薬会社がスポンサーについているので、

製薬会社の嫌がることは言えないんです。

だから番組本編でも「薬を飲みましょう」と言っているんです。

本当は薬は毒でしか無いんですが…

精神薬もヤバい

ぼくは小3のときに発達障害、ADHDと診断されて

リタリンやコンサータという精神薬を飲んできました。

 

 

リタリンやコンサータは覚醒剤みたいな薬です。

 

その薬に発達障害を治す効果なんてものは存在せず、

脳や体を破壊するだけ薬です。

 

コンサータの添付文書で「重大な副作用」を見てみると

  • 剥脱性皮膚炎
  • 狭心症
  • 悪性症候群
  • 脳血管障害
  • 肝不全
  • 肝機能障害

 

と書かれています。

 

ぼくは精神薬を子供の頃から飲み続けているので

脳血管障害とか肝不全になるリスクが高まっているんです。

 

 

本当にやめてくれよ

って思います。

 

 

その他の副作用のところには「精神障害」とまで書かれています。

精神障害を治すために飲んでいる薬が精神障害を引き起こすんです。

内容を見てみると

不安、抑うつ気分、攻撃性、激越、うつ病、抜毛、幻聴、気分変動、過覚醒、感情不安定、精神病性障害、妄想、神経過敏、落ち着きのなさ、緊張、怒り、無感情、歯ぎしり、幻視、リビドー減退、多弁、気分動揺

出展:コンサータの添付文書

幻聴とか幻視とか明らかにヤバそうなものが沢山入っています。

 

 

うぇーーー

こんなものをぼくは飲んでいたのかよ…

と思いますよ。

本当に。

 

 

知っちゃったら、もう飲みたくないですもん。

 

 

薬の影響で、精神障害が悪化したら薬の量が増えます。

さらに薬でおかしくなったら、違う薬を追加されます。

さらにさらに…

 

と無限ループのアリ地獄に落ちていって、

最終的には精神病棟で薬漬けの人生を送ることになって

薬の害によって死んでしまいます。

 

 

これで沢山薬を売ることが出来て製薬会社は笑いが止まらなくなるんです。

 

 

こんなふうに医療業界は基準値をいじって集客したり

薬によって病気を作り出しているんです。

 

 

病院は病気を作り出しているから、

病院に行っても病気は治らないし悪化することもあるんです。

病院に行っても病気はなかなか治らないんです。

 

精神薬について詳しく書いた記事です。

精神薬は覚醒剤並みにヤバいって本当?

 

睡眠薬も精神薬と同じレベルでヤバいんです。

睡眠薬についてはこちら。

睡眠薬は脳を破壊して人をダメにする!うつ病のきっかけになるって本当?

 

精神薬についての体験談はこちらです。

精神薬を飲んだら精神崩壊して家をボロボロにしてしまいました

ワクチンもヤバい

インフルエンザを始めとした予防接種に使われるワクチンはどれもみんなヤバいものだったんです。

詳しくはこちらの記事で書いています。

予防接種ワクチンは危険!ワクチンは効かないし有害物質が沢山入ってる!

 

死にそうな時以外、病気で病院に行っちゃダメ!

薬はそもそも

その場しのぎで症状を抑え込むだけだし、

毒なのでヤバい作用ばかりです。

 

 

なので病気の根本的な解決をすることもなく

むしろ新たな病気を作り出しているんです。

 

 

だから、

アレルギーでつらいからお薬もらおう

安易に病院に行っちゃダメなんです。

 

 

確かに薬には効果があるものもあります。

抗生物質がそうですね。

 

 

ひどい感染症にかかってしまって、今にも死にそうな時、

抗生物質を患者に投与することで病原菌をやっつけてくれます。

その結果、劇的に回復するんです。

 

 

 

ただ、抗生物質は超劇薬なんです。

知り合いには抗生物質の薬を飲んだことで

アナフィラキシーショックにかかって死にそうになった人もいます。

 

 

 

単なる風邪で抗生物質をのんではいけないんです。

単なるアレルギーで薬を飲んではいけないんです。

ほかの病気でも安易に薬を飲んではいけないんです。

 

 

薬は死にそうなときにする「バクチ」だから意味があるんです。

放っておけば自然治癒力で治ったり、

食事を改善することで治る病気は沢山あります。

 

であるにもかかわらず、

そういう命にかかわらないような病気に対して薬を使ってしまうと、

薬によって将来別の病気にかかってしまうんです。

 

 

死にそうな時以外は薬は絶対に飲んではダメです。

もし、いま薬を飲んでいるなら減薬・断薬をしていかないと現代病にかかります。

 

 

ただ、沢山薬を飲んでいる場合は

突然薬をやめると禁断症状が出て危ないです。

信頼できる医者を探して薬を減らして行くと良いです。

 

他にも医療業界は

食品業界やタバコ業界などともタッグを組んで

社会に毒をばらまいています。

 

 

それにしっかりと対策しないと

将来現代病になってしまう可能性が非常に高いんです。

食生活の改善や代替療法がおすすめです

食生活の改善

実は花粉症などのアレルギーも食べ物で改善できるんです。

例えば油を変えると花粉症は治ります。

えごま油最強!花粉症やアトピー、うつ、ガン、認知症に効果的な理由とは?

 

 

免疫力の上げ方についてはこちらの記事に書いています。

免疫力を上げるには!?ある習慣をやめればすごい効果が!

 

でも、対策すれば現代病になるリスクは抑えられます。

普段の食事に気をつけたりすればアレルギーは治るし免疫力もつきます。

そして体に入れてしまった毒を出すことも出来ます。

 

入れてしまった毒は解毒しよう!

サウナは解毒に効果的です。

こちらの記事では解毒に効果的なことについてと岩盤浴に行ってきた話をしています。

岩盤浴で解毒!汗をかけばヘロインでも抜ける

 

本物の温泉に入って心からリフレッシュしよう

実は日本には本物の温泉はほとんど無いんです。

巷の温泉に入っていると、かえって肌がボロボロになってしまうんですよ。

詳しくはこちらで書いています。

ほとんどの温泉は入ると老化する!?本物温泉はたったの1%

 

それと、温泉に入るときに書かれてある分析表の表示。

あれって実はある意味ウソが書かれているんです。

それについてはこちらに詳しく書いています。

水道水で沸かした浴槽に1滴温泉を垂らせば温泉として営業できるって本当?

 

大切な人を守るために健康の知識をつけよう!

まずは知ることが大事です。

知らないと対策は出来ません。

自分の身は自分で守ることが大事です。

 

いままでぼくは知らなかったから精神薬を飲み続けて来てしまったんです。

その精神薬は覚醒剤に非常によく似た成分が含まれていました。

詳しくはプロフィールにも書いていますのでよろしければ

たかふみのプロフィール

 

 

まずは正しい知識を身に付けましょう。

正しい知識を知れば、

自分や大切な人の健康を守る事が出来るんです。

 

原始人はガンや糖尿病、認知症といった現代病にはかかりませんでした。

野生動物もかかる病気は風邪などの感染症がメインです。

 

 

でも、現代人は何も考えずに生きていると感染症以外の

ガンをはじめとした次々と発見される訳のわからない難病に苦しんで死んでいってしまうんです。

 

難病は普段の生活習慣を気を付ければかかりません。

そのためには正しい健康の知識を知ることが非常に重要です。

メルマガでは、ブログよりもより濃い内容について語っています。

無料メルマガを読んで正しい健康情報を手に入れる!

 

難病に苦しむかどうかはあなた次第です。

 

ではでは

たかふみでしたー

 
おすすめ記事です↓↓↓
 
 
 
 
 
PS.
たかふみです。
 
20年間飲み続けた病院の薬が覚せい剤レベルでヤバいことを知りました。
ヤバいと思って健康について猛勉強したら、
日本にはウソの健康常識がはびこっていることが分かりました。
 
この事実、信じたくなかった...
でも本当だったんです。
 
例えば牛乳は飲んじゃダメ。
発ガン性や骨折のリスクがあるんです。
 
本当の健康情報について詳しくはメルマガの中で語っているので
良かったら登録していただければと思います。
 

★★★メルマガ登録はこちら★★★

この記事を書いている人 - WRITER -
たかふみ
ADHDで20年間薬を飲んでましたが、ある時その成分が覚醒剤と同じだと知りショックを受け、健康に目覚めました。実は身の回りにある食材や水、薬などが不妊やうつ病、ガン、アレルギーなどを引き起こしています。日本には間違った健康常識でいっぱいだったんです。健康の知識を学ぶことは大切な人を守る「義務教育」です!健康な日本を取り戻すため、本当の健康情報を発信しています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

たかふみのプロフィール
病院や主治医に不信感、合わない…病院で病気は治らないって本当!?
精神薬は覚醒剤並みにヤバいって本当?
お菓子の95%は遺伝子組み換え食品!?不妊やガンの原因になるって本当?
えごま油最強!
ほとんどの温泉は入ると老化する!?本物温泉はたったの1%
水道水で沸かした浴槽に1滴温泉を垂らせば温泉として営業できるって本当?
食べてる油が悪いから太る?ダイエットにもおすすめな健康食材とは!?
精神科は儲けたいだけ!医者は患者をカモとしか思っていない
20代男子が滑川温泉に1週間湯治!台風で壊れた露天風呂の復旧作業に大感動
岩盤浴で解毒!汗をかけばヘロインでも抜ける
免疫力を上げるには!?ある習慣をやめればすごい効果が!
僕は予防接種を打たれまくって精神障害者になりました。
睡眠薬は脳を破壊して人をダメにする!うつ病のきっかけになるって本当?
精神薬を飲んだら精神崩壊して家をボロボロにしてしまいました
東南アジアでお腹を壊したことから見える食材を選ぶ上で超大事なこと
視力Dと診断されてからドンドン目が悪くなっていったのは絶対眼科のせい
「人生やりきった」と言えるくらい全力でやろう!人生はそのためにある
健康情報を知って精神薬依存から復活!!でも気にしすぎて健康オタクになっちゃダメ
プチ断食のススメ!朝食抜いて1日2食にしてみよう
お菓子をやめたらこんなに効果がある!甘いものを絶つ方法を知ろう!
大根おろしは体に悪いわけではない!知っておきたいそのすごいパワー!
甘いものばかり食べる人って糖尿病まっしぐら?ドキッとした人必見!
カルシウムを摂るなら飲み物は牛乳にする?リスクを避けるなら牛乳以外で!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食べ物を変えると人生変わる , 2018 All Rights Reserved.